外国通貨の売買

取引開始までの道


FXを始める際は、FXの業者で口座を開設する必要があります。
FXの業者ごとに口座開設の方法に多少の違いがあると思いますが、一般的には同じような流れになりますので、取引開始までにどんなことが必要なのかを理解しておきましょう。
こちらのFX口座開設のポイントも参考になります。

まずFX業者を選択します。
比較サイトや人気ランキング、FX業者の特徴や詳細を集めたサイトなどがありますので、手数料やサービスなどをよく考慮し、FX業者を選択します。
FX業者を選択したら口座開設申し込みを行います。
FX業者のホームページに、口座開設申し込みボタンがありますので、そこをクリックします。

口座開設ボタンをクリックすると、氏名や住所などの必要事項を入力する画面がありますので、画面の説明に沿って入力し申し込みを行います。
口座開設手数料や維持手数料は無料というところが多くなっていますね。

申し込みを行うと本人確認書類の送付説明がありますので、必要書類を郵送、もしくはファックスなどで送ります。
本人確認書類は運転免許証コピー、各種健康保険証コピー、住民票の写しもしくは原本、住民基本台帳カードコピー、印鑑登録証明書原本、パスポートのコピー、外国籍の方は在留カードや特別永住者証明書のコピー、そのほか官公庁から発行または受給された書類その他これに類するものの中で個人証明、確認ができるもの、などの中から選んで送ります。

本人確認書類を送ると、FX業者によって口座開設の審査があります。
日本国内居住の20歳以上の個人、法人は日本国内に本店登録がある場合など条件がありますので、FX業者のホームページで確認してみましょう。
審査に通過すると口座開設手続き完了登録が本人宛で届きます。
これが届いたらいよいよ取引スタートとなります。

口座開設の際に記載した口座に入金を行い、取引を開始します。
この一連の流れが一般的ですが、FX業者によっては違いがある場合もありますので、必ず確認を行い説明どおりの流れで申し込みから口座開設までを行いましょう。
こちらにFX業者の選び方についての説明がありますので参考にしてください。