外国通貨の売買

見極め肝心!損切り


FXを始めたばかりの方は、まだ頭の中に利益が出ることもあれば損失を伴うこともあるという怖さが心の中にあると思いますが、少しずつFXの取引に慣れていき、利益がコンスタントに出て思いのほか安定を得られたりすると、余裕が出てしまいそれが損失につながるということも大いに考えられます。

FXはルールが簡単で単純、とてもわかりやすく確かに株取引などと比較すると、初心者もやりやすい取引です。
低めの取引を行っている分には失敗したときのリスクも低いため、注意深く慎重に、世界の経済状況などを把握しつつ安心取引を行っている分には、大きな利益がない代わりに大きなリスクを背負うこともありません。

でも人には欲がありますね。
欲が目をくらましてしまうということだって考えられます。
この間はもう少し待ってみて、結局利益につながったんだから、今回もじっくり待ってみようかな?なんて思っていたら、あら?これって全滅状態になってない?!という結果になっていることだってあります。

そう、FXは引き際をしっかり見極める力が必要なんです。
全滅状態はFXでいうと手持ち資金がそこをついてしまったということを表します。
こつこつと利益を上げてきたのに、引き際の見極めを誤ってしまったことで、自分の手持ち資金全額を失う結果になった・・・なんて、笑える話ではありません。

外国為替にしても株取引にしても先物取引にしても、見極めの技量が問われる取引なんです。
損失確定なのに、「えー!利益に転がることはないの・・?」なんて食い止める引き際を決めることができない。
引き際を見極める決定力のなさが、その先の不幸を呼んでしまうのです。

損失が出そうなときにこれは引いておこうという「損切り」ができないとなると、その先、FXの取引を行っていく上で、いつか大きな損失を呼ぶ可能性が出てきます。
損失の事実を受け止めて損切りできる技量を持つということが、FXなどの取引においてとても重要なこととなるのです。