外国通貨の売買

ロスカット攻略


FXには株取引にあるようなストップ高、ストップ安がありません。
値幅制限一杯まで売買ができる株とは仕組み自体が違うのです。
またFXには、レバレッジがありレバレッジを高くしていくことで高額な取引ができますが、逆に、高額な取引だからこそ、損失が大きくなるという可能性もあります。
証拠金がなくなるということならまだしも・・不足となってしまうこともあります。

こうしたFX特有のリスクを補うためにあるのが、ロスカットです。
取引上で含み損が大きくなりすぎていくと自動的にロスカットが働き、その取引の強制決済が行われるという仕組みですね。
あらかじめ設定した必要証拠金維持率、これをロスカットレベルといいますが、このロスカットレベルを下回るとロスカット適用となります。

ロスカットレベルは預託した証拠金金額から現在での含み損を差し引いた割合のことです。
含み損というのは、今現在のレートによって決済した場合、発生するであろうと予測される損失のことをさします。
ロスカットレベルはあらかじめ設定されていますので、そこを下回ると適用となり、投資家にいくら不利なレートとなっても即座に決済が決行されるというものです。
これにより投資家は賞金をかなり失うことになりますが、ロスカットを行うことで、証拠金を超える損失を防ぐことができます。

ロスカットレベルが50%をきるとマージンコールが発生し、投資家に証拠金追加を呼びかけますが、それでも対応がない場合、ロスカットレベルが30%をきるくらいでとるカットとなります。

こうしたロスカットにならないためのロスカット攻略となる方法は何かあるのでしょうか。
まずはロスカットのラインを余裕があるラインにしておく、ということが大事です。
レバレッジを高く設定しすぎるともちろんロスカットの可能性が高くなっていきますので、レバレッジをあまり高く設定しすぎないということも重要です。
またロスカットの前に、損切りのタイミングを見極めるということも大切なことです。